JEMAとJPEAが「保守点検ガイドライン」を公表、IEC規格を基にした技術文書

日本電機工業会(JEMA)太陽光発電協会(JPEA)は2016年12月28日、「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」を公表した。IEC(国際電気標準会議)規格を基にした技術資料で、1500V以下の太陽光発電システム(太陽電池アレイ、接続箱・集電箱、パワーコンディショナー、これらを構成するケーブルなど)が対象である。パワーコンディショナーから先の交流側は規定してない。

経済産業省は、今年4月に施行する新認定制度の中で、事業実施中の太陽光発電所の適切な保守点検を促すことを掲げた(図)。制度を効率的に運用するため、民間が策定する保守点検ガイドラインを参照し、実際の保守点検作業を民間機関が担うことなどを検討中だ。

図 4月施行の新認定制度によって事業実施中の点検保守が求められる
図 4月施行の新認定制度によって事業実施中の点検保守が求められる(出所:経済産業省・電力安全小委員会・2016年7月)

これまでに公表された民間による太陽光向け保守点検ガイドラインとしては、JEMAの「小出力太陽光発電システムの保守・点検ガイドライン」と、JPEAの「太陽光発電システム保守点検ガイドライン【10kW以上の一般用電気工作物】」「太陽光発電システム保守点検ガイドライン【住宅用】」がある。

今回のガイドラインは、IEC規格を基にしつつ、民間による3文書の内容を参考に追記・修正、参考資料として掲載した。今後、変更内容に関しては、IECに規格改定を提案するとしている。従来の3つのガイドラインが、項目ごとに点検要領を平易に解説し、一般の設置者などにも分かりやい内容になっているのに対して、今回の文書は規格の形式で、専門家を対象にした技術資料になっている。

太陽光設備の保守点検に関するIECの規格(IEC62446-2)は、2016年9月に委員長原案(CD)が発行された段階のため、今後、正式に発行した時点で、今回のガイドラインに反映し最新版に改定するとしている。


トリナスマートは知能を持ったモジュールです。PCやスマホから不具合のあるパネルを直ちに発見したり、出力の停止をしたりが可能です。何よりも出力の最適化により発電ロスを最小限に抑えることができるのが大きなメリットです。

ブログTOPはこちら 製品一覧はこちら
お問い合わせフォーム

関連する記事